メスティンで“自動”炊飯!もう炊飯で失敗しない。

キャンプ
スポンサーリンク

シングルバーナーやアルコールバーナーで炊飯、楽しいですね〜

でもぶっちゃけ面倒くさい。

アァァァァ火加減気になる!!

パチパチ音はまだか!アァァァァ!

あると思います!! 

そんなあなた(私も!)におすすめなのが、メスティンでの“自動炊飯”です!

メスティン界隈では有名ですよね!

  

今回はそんなメスティンでの自動炊飯についてご紹介!

 

※内容は超短い

•用意する物 

  • メスティン(今回はラージタイプじゃない物。トランギア製ならTR-210)
  • ポケットストーブ
  • 固形燃料(25g)

三種の神器と言われてるらしい(笑)

 

①メスティン

主役メスティン!

今回はラージタイプでない物を使用する前提でお話ししていきます。

trangia製が有名ですが、今やダイソーやニトリ等、色々なメーカーから類似品が出てますね!

 

 

 

②ポケットストーブ

閉まっている状態

こんなの。

 

開いている状態

ジャキーン!って感じで開きます。かっこいい!男心くすぐるー!

有名なところだと、エスビット製のポケットストーブですね。

 

 

 

 

ゲコブログ
ゲコブログ

ぼくが使っているのはちょっとお安めの類似品です!

 

 

 

 

③固形燃料

25g推奨ですが、30gでも割と大丈夫でした。

ぼくは基本、ダイソーの固形燃料を使用しています!

 

ゲコブログ
ゲコブログ

とかいいつつ、この写真の固形燃料はダイソーじゃないし30gだよ!
これでも全然大丈夫でした。

 

 

 

 

•自動炊飯の方法

まず、お米を一合量り、水にしっかり20分ほど浸します。

お米の一合の量り方、水の量り方等の基本的なことは↓こちらの記事↓で詳しく解説していますので、是非確認してみてくだい!

 

 

はい、では火にかける準備ができましたら、

こんな感じで

はい、セットします。

 

で、固形燃料に火をつけます

後はほったらかし。

 

ん?

 

そうこれだけ!

なんて簡単!!

ほんとだってば!信じてってば!

 

お米にしっかりお水を吸わせてあげれば、まず失敗しないっす。

 

固形燃料から炎が消えましたら、タオルに包んでしっかり蒸す事を忘れずに!

 

 

•自動炊飯のメリット

  • 火にかける時間を気にしなくていい
  • 火加減を気にしなくて良い
  • ほったらかし

ほったらかし!これに尽きる!

 

もうね、火加減も炊飯時間も気にしなくていいって超メリットさ!

ほったらかしだもん!最高!

誰だよ強めの弱火とか言ってたやつ!

 

 

※私でした本当にすみませんでした(火加減を文章で表現するの難しい)

 

本当に自動なので、炊飯したいけどちょっとめんどくさいなーっていう気持ちがなくなる。

感動ものですよ!

 

•屋外で炊飯する際のマストアイテム

それはウィンドスクリーン!

 

風があると固形燃料の火が乱れて、うまくメスティンに熱が通らないことがあります。

ウィンドスクリーンを使えば屋外でも風を防ぎ、しっかりメスティンに熱を伝えることができます!

※キャプテンスタッグのウィンドスクリーンはおすすめしません。後で記事書きます。

ゲコブログ
ゲコブログ

キャプテンスタッグ自体はとても大好きです

 

 

•実は自動炊飯、食わず嫌いでした

なにせポケットストーブに固形燃料と、荷物が増えてしまうと感じていたからです。

ぼくのスタイルはキャンプツーリングを想定しているので、なるべく余計な物は持たず、荷物を最小限にすることが求められます。

 

ただこれは!

荷物を増やしてでも!

持っていくべきだ!それくらい便利すぎる!

 

それにこのポケットストーブと固形燃料、メスティンの中にスタッキング(収納)できるしね。

 

これが!

 

こう!

網、ポケットストーブ、固形燃料をスタッキングするとこんな感じ。

 

•最後に

正直、この自動炊飯だけでメスティンが二倍楽しくなりました。

 

なんでもっと早くやらなかったんだろう!

だって

誰でも!

簡単に!

自動で!

炊飯できるんだよ!?

 

うひょー!

まだ経験してない人、ぜひやってみて欲しいです!

 

おわり!

コメント

タイトルとURLをコピーしました