キャンプ初心者は気軽にソロキャンプがおすすめ。費用も少なくて済む。

キャンプ
スポンサーリンク
  • 興味はあるけど難しそう
  • キャンプ道具が高そう
  • 一緒にキャンプしてくれる友達がいない
  • ゆるキャン見た!俺もやりたい!でも不安!
  • ひとり時間を作る口実にしたい

様々な理由、不安があるでしょうが、全く問題なし!

その不安をひっくり返そうという記事です。

 

歳を重ねるごとに、ひとり時間は減っていきますよね…

ならば少ないひとり時間をせめて自分の為だけに、大人らしく過ごしてみませんか?

•キャンプはひとりで、最低限でいい

キャンプには様々なスタイルがありますが、ぼくは基本的にソロキャンパーです。

もちろん今となってはウチの奥様と二人だったり、友達と一緒にキャンプする機会も増えましたが、ソロキャンプというスタイルは基本的に崩れていないと思います。

最近のキャンプ事情として、ソロキャンプ人口が増えてきているようです。

人に気を使うこともなく、気楽で時間をたっぷり使えるソロキャンプは初心者でも上級者でもおすすめです。

キャンプができる場所と、最低限の道具さえあればキャンプはできます!

•一人の方が捗る場合が多い

ひとりでキャンプ。ソロキャンプの良いところをご紹介!

キャンプの楽しみ方は様々です。色々なジャンルがありますが、今回は気楽にはじめられるソロキャンプに焦点を当てていきます。

① 設営も休憩も食事も全部マイペースでOK

何かに時間を追われるのはかなりのストレス!

ひとりならば周りの目も気にすることなく好きなように作業ができますね。

                                                                           

② 失敗しても恥ずかしくない

キャンプにおける主な失敗はテント設営や火起こしですかね〜

ひとりならテント設営にもたついても、火起こしに時間がかかっても、

誰の迷惑にもなりません。

全く恥ずかしくないですね!

 

上級キャンパーへの道は何度も失敗しながら進んでいきます。

僕もたくさん失敗しましたしね〜。

 

③ キャンプ道具でブランドマウントされない

キャンプに凝っている人とご一緒すると稀にあるのがブランドマウント。

キャンプ道具には同じ用途、同じデザインでも価格が安い類似品なども多く販売されています。

稀に耳にする会話がこれ↓

「君、やっぱコールマンじゃなきゃダメだよキャンプ道具は!」

「それスノウピークのパクリじゃん!」

「え?これ持ってないの?必須だよ必須!」

※誇張してますからね。上級キャンパーみんなこうじゃないですからね(冷汗)

せっかく楽しみたいのに気分が落ち込みますね。

確かに良いブランドの商品は作りもしっかりしているので、ぼくも欲しい欲しいと思う商品はたくさんあります。

値段が高いんじゃい!

ぼくは安いブランドも類似品もよく使います。それでも困ったことはないですし、むしろキャンプの敷居を下げてくれてるので、とてもありがたいです。

ソロキャンなら何を使ってもいいんじゃい!

 

④ 好きなものだけ食べられる

ぼくは魚介が食べたいのに、周りはお肉が食べたいという…

どっちも食べたら良いんですけどね… ひねくれ者なので…すんません。

薫製したり….
映えを意識して失敗したり( ^ω^ )

⑤ 隙時間は自分の好きなことができる

要するにひとりで何してもいいんです。

漫画読むのも

映画観るのも

小説読むのも

ゲームするのも

勉強するのも

ぼ〜っとするのも

何をして過ごしてもいいんです!

 

最近のぼくはiPadを持ち出してPrime videoを観たり、youtube眺めてたりしますね〜。

•テントが無くてもいいんじゃよ?

必ずしも一晩過ごさなくてはいけない、なんてことはない!

 

いわゆるデイキャンプですね。

ぼくにとってはこれが一番、キャンプに踏み出すキッカケになった要素です。

 

ぼくの仕事はサービス業なので、まとまった連休はほとんど取れません…

「連休ないからキャンプなんてできないじゃん!」

とんだ勘違いでしたスミマセン

 

・とりあえずデイキャンプから始めると気軽です。

日帰りキャンプをかっこよく言えばデイキャンプです。

テントがなくても焚火台やバーナーさえあればデイキャンプはできます。

 

自然を眺めながらコーヒーを入れて本を読むとか

お肉焼くとか

ホットサンド作るとか

 

すればいいんです!

 

「ん?明日の予定?デイキャンプかな〜」

と言えば、相手の目にはもうあなたはキャンパーとして映っていることでしょう( ^ω^ )

 

  

•まとめ

  1. はじめは初心者ほどソロで気楽にやった方が楽しみが見つかる
  2. 道具は必要最低限でOK
  3. 連休なくてもデイキャンプでOK
  4. グループキャンプは慣れてからでOK
  5. 一人の時間はいいぞ!

少しでも敷居が下がってもらえたら幸いです!

今後はソロでも使えるようなキャンプギア等も紹介していけたらと思います!

 

※キャンプをする時は、ルールを守って楽しく行いましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました