ソロキャンプはデイキャンプから始めるといいよって話

キャンプ
スポンサーリンク

•なぜデイキャンプから始めると良いか?

それはキャンプ道具が少なて済むから!お財布にも優しい!(主に僕)

あとなかなか連休取れないサービス業の人とかにも優しい!(主に僕)

なので敷居が低いんですね〜。

初心者の方にもおすすめですよ本当に。

 

一人きりの自由な時間を気ままに過ごしてみましょう!

•じゃあ何持っていけばデイキャンプできるんだい!

僕が考える優先順位で並べてみますね。

なので先に謝っておきますねごめんなさい。

  1. 椅子
  2. テーブル
  3. ガスバーナー
  4. 調理道具
  5. テント

あれテントひっくいねぇ!?

ちゃんと理由も書きますよ!

 

 

①椅子は大事。めっちゃ大事。

出典:photo-ac.com

はじめてキャンプしようとした時は実家の庭でした。

この時の持ち物は

テーブルとシングルガスバーナー、そしてクッカー

意気揚々と道具をセットして、

さぁベーコンでも焼くぞ!( ^ω^ )

その時

 

椅子なかったんですね。

とりあえず縁側に座っていたんですけど、

 

何か違う…orz

 

キャンプ用の椅子の良いところは、持ち運び便利で座り心地も快適なところ、

そして何より

キャンプ感出るの!ここ大事!

コロナウィルスの影響で需要が増してきた家キャンも、キャンピングチェアがあると雰囲気全然違うんすよ!

  

  

②テーブルは大事。ほんと大事

出典:photo-ac.com


テーブルの有無でキャンプ感が違いますね(さっきも言ったかもしれないね)

ファミキャンやグルキャン用の大きいのもありますけど、

ソロ用のコンパクトで持ち運びしやすいテーブルありますちゃんと。

将来的に複数人でのキャンプに挑戦したい人も一個は持ってて損はないです。

③ガスバーナーは大事、ほんと大事

出典:photo-ac.com


おんおん?キャンプといえば焚火とか炭だろ?おんおん?

 

そうその通りと思うけど、ちょっと待って!

 

火起こしできる?

 

そうです、僕はガスバーナーの前に焚火台を買った口でして、

火起こしうまくできなくてお昼時間何も食べられなかった経験あります( ^ω^ )

ガスバーナーは操作簡単。すぐ火がつきます。

焚火台持ってる人でも、ガスバーナーも一緒に持っていく人の方が多いです。

キャンプ場到着してすぐ、とりあえずガスバーナーでお湯沸かしてコーヒー飲むとか

そのままお料理しちゃったりとか、できるんです!

商品によって利用するガス缶(CB缶、OD缶 )も違ったりするので、後で記事にしてみますね(後回しばっか)

後で火起こしの記事も書きます、が、

優先順位は ガスバーナー>焚火台 と思いますよ

実際ガスバーナー一本でデイキャンプしてる人もたくさんいらっしゃいますしね!

④調理器具は大事。かなり大事

出典:photo-ac.com

ガスバーナーに向けて串に刺したお肉を炙るわけにもいきませんしね!(やる時はやる)

キャンプにおける調理器具って結構種類あるんですよ。

  • クッカー
  • ケトル
  • フライパン
  • スキレット
  • メスティン
  • ダッチオーブン

様々ありますが、とりあえずクッカーから始めるのがおすすめですかね〜

クッカーなら深さの選択肢が多いですし、何よりキャンプ感(割愛)

 

 

⑤デイキャンプならテントやタープは無理をしなくても良い

デイキャンプは宿泊しないので、テントは無理して用意しなくても大丈夫です。

でも将来的にテント泊したいって人は用意いちゃいましょう!

何より雰囲気出ま(割愛)

 

ただし日中、熱中症対策や雨などの対策にタープを用意するのは大いにアリです!

•その他ぼくが持っていっている物

  • まな板
  • クッキングナイフ
  • シェラカップ

等々

まな板は食材を切るならあった方がいいですね!

 

•まとめ

  • 椅子
  • テーブル
  • ガスバーナー
  • 調理器具
  • あればテントとか

とりあえずデイキャンプはこんな感じで大丈夫です。

必要最低限のものから、足りないものを追加して自分にあったキャンプセットを模索していくのもキャンプの楽しみの一つですよ!

 

最近の僕は、キャンプツーリングに向けて、どれだけ少ない道具でキャンプするか考える事にはまってます。

 

この記事を見て少しでもキャンプの敷居が低くなってもらえれば、嬉しいです( ^ω^ )

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました