drip FLOORPACK をレビュー|二階建て構造のミニマルなバックパック

ガジェットなど
スポンサーリンク
※追記

FLOORPACKの一般販売日が決定。
加えて新色「ベージュ」発表。

一般販売:9月30日から
予約開始:8月中旬から

ブラック、ベージュそれぞれ販売日や取扱いが違いますので、drip公式HPからご確認をおすすめ致します。

※詳細はこちら

 

バックパックが大好きな僕がようやく出会えた理想のバックパック。

それがdripとLEKTの共同開発で生まれた「FLOOR PACK」です。

 

一般販売はまだされておらず、クラウドファンディング「Makuake」にて応援購入しました。

 

Makuakeでの支援額は驚異の9,000万円超。

 

今回はこのFLOOR PACKの解説と、2ヶ月ほど使用して感じた点などをまとめていきます。

 

 

 

・FLOOR PACKの特徴

○FLOOR PACKのメリット

  • 二階建て構造でメイン収納のごちゃごちゃ感を解消
  • 各種素材の質感が良い
  • ミニマルなシンプルデザインでオンオフ問わず使用できる
  • ポケットも豊富なので二階建て構造と合わせて整理がしやすい
○FLOOR PACKのデメリット

  • 底面が熟成レザーなので、床置きを躊躇ってしまう
  • 素材がいいので価格が高め
 

・FLOOR PACKのスペック

  • 容量:約13L
  • 寸法:高さ395×幅280×奥行き115(mm)
  • 素材:630デニールナイロン(ボディ)、ナイロン(テープ)、牛革(塾生レザー)
  • 重さ:755g
  • PCスペース有(最大16インチ)

 

 

・「ごちゃごちゃ」を解決する2階建て構造

FLOOR PACKの一番の特徴「2階建て構造」です。

 

数あるバックパックのメインフロアは仕切られていないことが多く、モノが下に溜まってごちゃごちゃとしてしまい必要なものを取り出すのが面倒だったことが悩みでした。

 

この2階建構造は上部フロアと下部フロアで用途別にモノを分けて入れることができるので、バックパック特有のごちゃっと感を解決します。

 

 

さらに、重いものを上部フロアにまとめることでバックパックの重さを体感的に軽減することができます。

 

 

セパレートで区切られていて、FLOOR PACKに入れる物や用途によってセパレートを開いてワンフロア化する事も可能です。

 

 

ワンフロア

セパレートはマジックテープでくっついており、「重いものを上部フロアに置いたときに剥がれてしまうのではないか?」と不安に思っていましたが、

これが意外と丈夫で、今のところ剥がれたことはありません。

 

 

下部フロアのジッパーはバックパック本体の下半分をぐるっとまわるタイプ。

このタイプは初めて使用しましたが、下部フロアを大きく開くことができるのは大きなものを入れやすいので非常に気に入っています。

 

バックパックを背負ったまま、横からモノを取り出す事もできます。

 

 

上部フロアにはメッシュポケットが2つ。

ペンポケットが1つ。

 

その後ろには独立したPC収納があります。

PC収納は16インチのノートパソコンまで収納可能です。

 

 

メッシュポケットは伸縮します。

僕はカメラレンズを入れてたりします。

 

 

PC収納部。

16インチまでのノートパソコンやノート、ファイル等を2段階構造のまま収納できるのは嬉しいですね。

 

 

・見た目よりも多くモノが入る天井ポケット

天井部にも別途ポケットが有ります。

ポケット内部は明るい色になっているので、何がどこに入っているのか視認しやすいのがポイントです。

 

 

ここには取り出す頻度の高い小物を入れています。

 

 

・ミニマルな見た目と上質な素材のスクエア型

FLOOR PACKはミニマルなデザインのスクエア型。

かと言って堅苦しすぎないので、オンでもオフでも使用できるデザインです。

 

僕も現在、仕事もプライベートもFLOOR PACKで一本化しています。

 

「外観にメーカーロゴの記載が無い」ので匿名性の高さもミニマル感を向上させています。

 

 

メイン素材には頑丈な630デニールナイロン

 

そして「drip」のアイコンでもある、「熟成レザー」を底部や持ち手、ジップ部分に使用されています。

使い手が手に触れやすい部分にこの熟成レザーは使用されているので、革好きには嬉しいポイント。

 

 

ジッパーは全て止水使用。

これは止水というよりはデザイン重視で採用された物と思われます。

 

 

・背面とショルダーベルト

背面も非常にシンプル。

 

背中にあたる部分はPC収納のクッションも兼ねているのか、ふかっとした印象。

背中が痛くならなくていい感じです。

 

ショルダーもミニマルで幅が少し広め。

激しく主張しないデザインでかつ肩も疲れにくい印象です。

 

 

背面やショルダーベルトがシンプルなバックパックは感触が硬めで疲れやすいイメージがありますが、FLOOR PACKでは今の所疲れやすいという印象はありません。

 

 

・FLOOR PACKのイマイチな点

 

サイドポケットです。

こちら、下部フロアの左右についているサイドポケットですが、2階建て構造にしていると500mlaペットボトルが入りません。

無理やり入れることはできますが、ちょっとスマートじゃない。

 

なのでペットボトル入れとして利用する事は考えず、折りたたみ傘入れとして使用してます

 

 

・収納例

・上部フロアとPC収納

上部フロアには

  • カメラ
  • カメラレンズ
  • カメラ小物入れのポーチ
  • ボールペン

これらを収納してます。

 

重いモノを上部フロアにまとめることでバックパックの体感的重さを軽減しています。

 

PC収納部には11インチiPad proとキーボードを収納しています。

 

 

・下部フロア

下部フロアは化粧ポーチのみ。

まだ余裕があるので、咄嗟の荷物等もここに収納しています。

 

天気の悪い日はサイドポケットに折り畳み傘も収納します。

 

 

・FLOOR PACKがバックパック特有の問題を解決する

 

バックパックは大好き。それでもバックパックに対してもやもやしていた部分がありました。

 

  • 機能的なバックパックはアウトドア系になりがち
  • ミニマルデザインのバックパックは中身までミニマルでシンプルすぎる
  • メインフロアの荷物が下部に偏りごちゃごちゃしてしまう
  • 主張の強いメーカーロゴ

 

僕が今までクリアできなかった要素を解決してくれたFLOOR PACKは、まさに「僕の理想のバックパック」に限りなく近いものと言えるのではないでしょうか。

  

 

株式会社drip公式HPはコチラ

コメント

タイトルとURLをコピーしました