【iPhone12シリーズ対応】ドコモ5Gプランを簡単に解説。購入前に予習しよう。

ガジェットなど
Photo by Anthony Choren on Unsplash
スポンサーリンク

※さっさとプラン教えろぃ!って方は目次で飛びましょう

はじめに

全世界のAppleファンの皆さんこんにちは、こんばんは。

iPhone12もしくはiPhone12 Pro、手に入りましたか?

 

私ですか?

 

まだでーす!!!(怒)

 

商品予約したのに、まだ届いてない!どうなっているんだ!って思っている方々、

キャリアの店舗で予約してるでしょ(ぼくもそう)

キャリアでApple商品を購入するには少し長い目で見ていないと耐えられませんよ。

 

既に手に入れている人は、予約順がかなり早い人か、Apple storeで予約購入された人たちでしょうね。

 

でも分かります!

  • Apple storeで購入したことない
  • 近くにApple storeがない
  • オンライン購入なんてもっと無理
  • キャリアの窓口でやりとりした方が安心感がある

こんな感じの方々、まだまだたくさんいると思います。かつてのぼくもそうでしたしね〜。

 

格安SIMも流行っている中、今だにキャリア(ドコモ)を契約し続けているプロユーザー(嘘)が、この時代にあえてドコモを攻略していこうという話ですよ( ^ω^ )

 

「いいから格安SIM使っとけよ」という方へ

ぼくもそう思って、使ってたことあります、格安SIM

とあるホームページで、「田舎ほど格安SIMが使いやすい」って記事を見たので、試してみたんですね。

 

まぁ、結果はとても使いづらい。

 

田舎ほど回線が混雑してないから、かえって快適だ」って感じの記事だったと思うのですが、うちの地方はとても微妙でした。

まぁ自宅にはWi-Fi環境もあるので、自宅に帰ればどんな契約してようが同じなんですけどね〜

 

割とWi-Fi環境外で使うことも多いんです。

しかもうちみたいな田舎はフリーWi-Fiなんてほぼないよ( ^ω^ )

 

おそらく筆者さんの地方では良い感じなのでしょう!切り替えてこ!

 

ではようやく、ドコモ5Gの料金プランです(遅)

 

①5G基本料金

こちらの表は XMindで作成しました

ドコモ5Gの基本料金は5Gギガライトプラン(7GBまで)と5Gギガホプランの2種類です。

 

5Gギガライトプラン

•1ヶ月あたりの最大利用可能データ量 7GB
•1ヶ月単位で、その月どれくらいデータ量を使ったかによって料金が決まる変動型。
•7GB超過後は、月を跨ぐまでは128Kbpsの速度制限がかかる(非常に遅くてイラ
イラMAX)

主にWi-Fi環境で利用する方向けの、小容量プランです。

 

5G通信した時、一瞬で7GB吹っ飛んでいきそうだよねって感じはするんですけど、現状5G回線はほぼないのでしばらくは問題なさそうですね!

5Gギガホプラン

•1ヶ月あたりの最大利用可能データ量 100GB
•現在「国内」でのデータ量無制限キャンペーン中。5G通信外での4G通信でも無制限。
•利用データ量に関わらず、金額は一定の定額プラン。
•100GB超過後は、月を跨ぐまでは3Mbpsの速度制限がかかる。
•契約後6ヶ月間は1000円割引される(5Gギガホ割)。

4Gのギガホプランは通信制限時1Mbpsの速度制限でしたけど、5Gでは3Mbpsになってますね。

でも無制限キャンペーン中なので、今のところ速度制限にかかることはまずないでしょう。

今のところキャンペーン終了時期は未定のようです。

 

とりあえず5G回線をみっちり使う機会も今のところなさそうなので、毎月のデータ量が7GB以下の人は「5Gギガライトプラン」、7GB以上の人は「5Gギガホプラン」でいいと思います

 

dカード支払い割について

ドコモ5Gプランは、「2年定期契約コース」がありません。

2年定期契約コースとは

基本料金に割引が入るコース。

割引が発生する代わりに、契約開始から2年間の間に該当回線の解約、もしくはMNPの
申し込みを行なった際に規定の解約金が発生するコース。

契約期間が2年経った場合は3ヶ月間の「更新期間」に入ります。
「更新期間」での解約金はかかません。

更新期間が過ぎた後は、
•「自動更新コース」ならば割引継続で再度、更新期間の3ヶ月を遡って新たな2年定期
契約期間が始まります。
•「自動更新無しコース」なら、割引は無くなり基本料金は上がりますが、今後解約や
MNPの際には解約金が発生しなくなります。

※割引額は各料金プランによって異なります。

その代わり5Gプランでは、「自回線の支払い方法がドコモdカード、もしくはdカードゴールドでのお支払い」に設定されていた場合に割引が適用されます。

これは、一括請求グループの小回線にも適用されます

 

※割引料は各料金によって違います。

※注意事項!

上記プランは5G回線対応端末でのみ適用されます。

5G非対応端末をご利用時は4G用のギガライト(5Gギガライトと料金変わらず、7GB契約)、4G用のギガホ(5Gギガホより500円安い、30GB契約)の適用となります。

 

②通話オプション

上記3つのコースから一つ選びます。

・通話オプションなし

通話オプションを契約しなかった場合、通話料は20円/30秒です

LINE通話等がメインで通常の通話を利用しない方はこちらでもいいかもしれません。

・カケホーダイライト(700円/月)

いわゆる「5分カケホーダイ」です。

一回あたりの通話を5分以内に切れば0円。

5分超過した場合は20円/30秒です。

5分以内に1度切って、かけ直すとかもアリです。

が、気軽に電話を切っても問題なさそうな人に限定しましょう。

・カケホーダイ(1700円/月)

国内通話はどれだけ通話時間が伸びても通話量が加算されなくなります。

長時間通話の多い方はこちらがおすすめ。

 

③補償サービス

補償サービス関連は基本的に上記3点のうち一つを選ぶことになります。

ケータイ補償サービス

あらゆるトラブル(盗難、紛失含む)が発生したときに、11000円でリフレッシュ品を取り寄せして交換します

受付はドコモショップ窓口、もしくはケータイ補償サービスセンターに電話で申し込みをします。

リフレッシュ品とは
 
商品販売出庫時に何かしらの問題があって販売されなかった商品を、各メーカーの修理拠点
にて修理を行なった、新品同様の商品。

利用上限は1年に2回まで。

1回目の利用から1年経過した場合は利用回数がリセットされます。

 

ドコモの補償サービスはAppleCare +と違い、補償サービスを契約している間ずっと利用可能です。

長く同じ機種を使い続ける方はドコモの補償サービスが向いていると思いますね

その他、データ復旧サービスを1000円で受けることができます。

あんしんパック

ケータイ補償サービスに加えて、「あんしんセキュリティ」「あんしん遠隔サポート」が一緒に付帯されるパックオプションです。

 

セキュリティと言えば安心感がありますが、正直iPhoneには不要と思われます

ドコモショップ窓口では恐らく、おすすめされるサービスだと思いますのでご注意。

 

AppleCare +for docomo

ドコモショップにてiPhoneを購入する際でもAppleCare +に加入することができます。

お支払いは2年間の分割支払いになりますのでご注意

 

ドコモで加入する際は、「盗難紛失プラン」には加入できません。

ケータイ補償サービスと同時契約もできませんので、どちらか一方の契約になります。

こちらの強みはバッテリー交換と、電話サポートにあります。

バッテリー交換は、「正式な製品仕様の80%以下しか発揮できなくなった場合に無償交換」されます。

電話サポートについては、Appleのスペシャリストスタッフとの通話可能期間が90日から2年間に延長されます。

 

AppleCare利用可能回数は1年に2回までとなったようです。

画面破損時の修理は全機種3700円

その他損傷等は12900円です。

 

④みんなドコモ割

割引サービスです。

 

自回線を含む、「ファミリーグループ(音声通話無料グループ)内の音声契約回線数」によって割引されます。

 

※5Gプラン以外の回線もカウント対象ですが、割引対象は「5Gギガホ、5Gギガライト、ギガホ(4G)、ギガライト(4G)」です。

 

⑤ドコモ光セット割

こちらも割引サービスです。

 

自回線が所属するファミリーグループ内に「ドコモ光」を契約している回線がある場合に適用されます。

ここでのポイントは、「自宅にドコモ光を引いていなくても、グループ内の誰かがドコモ光を引いてさえすれば、自回線で割引がもらえる」という点です。

 

自宅にドコモ光がなくとも、お婆ちゃんの自宅にドコモ光が引かれているなんてパターンでもOKです。

 

あくまで同一グループ内にドコモ光回線契約があればいいのです。

① +② +③−④−⑤=月額料金

では実際の月額料金の計算です。

 

(例1)
①5Gギガライト(ステップ2/dカード支払い割無し)+4150円
②カケホーダイライト              +700円
③ケータイ補償1000円(iPhone12pro)         +1000円
④みんなドコモ割(ファミリグループ2回線)    −500円
⑤ドコモ光セット割無し               0円

合計                      5350円/月(税抜)
(例2)
①5Gギガホ(dカード支払い割有り)        +7480円
②カケホーダイ                  +1700円
③ケータイ補償750円(iPhone12)        +750円
④みんなドコモ割(ファミリーグループ3回線以上) −1000円
⑤ドコモ光セット割有り              −1000円

合計                       7930円/月(税抜)
※5Gギガホ割で6ヶ月間は1000円割引されます。

 

最後に

なんとなくイメージがついたでしょうか?

 

ドコモではファミリーグループ回線数による割引やドコモ光セット割の恩恵が大きいです。

なるべく家族の回線や光回線がファミリーグループにまとまっているとお得になっていきます。

 

今後細かい割引等の展開もあるかもしれませんが、まずは簡単に料金プランのイメージを掴んでおくことは大切です。

 

窓口で案内された内容はなかなか頭に入ってこないと思いますが、紐解いていけば意外とシンプルですね!

 

今後新しいプランや、お得な情報などあれば、ご紹介していきますね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました