Apple大好きな僕がApple Watchを不要とした理由。買って後悔しない為に。

ガジェットなど
スポンサーリンク

Apple製品大好きゲコブログです。

Apple商品との付き合いは、Softbankから販売されたiPhone3Gからで、以降ずっとApple製品に触れています。

 

 

そんな僕ですが最近、腕時計を購入しました。

 

Apple製品大好きであれば「Apple Watch」と思うかもしれませんが、僕にはApple Watchを購入する事ができませんでした。

 

今回は僕がApple Watchを購入しなかった理由と、実際に購入した腕時計を選んだ理由等それぞれ比較しながら、解説という名の言い訳をしていきます。

 

Apple Watchをなんとなく購入できない、と言う方のもやもやを解消する記事です。

 

・Apple Watchを選ばなかった理由

実はApple Watch series1を使用した事がります。

 

実際にApple Watchを使用した上で感じたことは、

「確かにApple Watchは非常に良くできているガジェットで、革新的な商品だ」

という感想でした。

 

しかしその素晴らしいガジェットは「僕の生活や趣味嗜好には合わなかった」のです。

 

 

Apple Watchでできるほとんどの事が「iPhoneで」事足りてしまい、Apple Watchの便利な機能を活用している利用シーンが全く想像できません。

 

そんなApple Watchに、最低22000円弱(現在購入できる最安モデルseries3)の金額を払えるか?と自問したときに、僕はYESと答えられませんでした…

 

 

 

・Apple Watchを購入しなかった理由を詳細に

ここではApple Watchに抱いた「不要じゃないか?」という思考に至った詳細を記入していきます。

 

①充電問題 

Apple WatchはiPhone等のデバイスと同じように、頻繁な充電が必要になります。

 

勿論、現行のApple Watchはseries1と比べてだいぶ電池持ちが良くなった様ですが、それでも2日に一回は充電しなければならないようです。

 

 

僕が時計に求めている事は流行りのスマートウォッチに搭載されている便利な機能ではなく、「時間を確認する」という基本的な機能と、「いかにその時計を気にいるか」という趣味感です。

 

どうして時間確認がメイン用途である僕が、

「時間を確認しながらバッテリー残量まで気にしなければいけない」のか?

 

実際にApple Watch series1を使用していた時に一番気になってしまった部分はここです。

 

QOL向上の為に購入したApple Watchで、ストレスの原因が一つ増えてしまいました…

 

 

実際に自宅での充電を忘れ、翌日の午前中には電池切れも経験しました。

その時にApple Watchは時間が確認できない腕輪と化します。

……

………

「充電し忘れる方が悪い」という意見は勿論わかります。

その通り、充電し忘れる方が悪いのです。

 

しかし、Apple Watchの便利なスマートウォッチとしての機能をほとんど使用せず、時間確認をメインとして捉えてる僕からすると、

「充電を忘れたたけで使えなくなる不便な時計だ」

という感想しかでてきません。

 

 

※ちなみに

Apple Watch series6であれば、時間確認や60分のワークアウト管理を行っても18時間は持つとのことです。

series1からだいぶ改善されているとは思いますが、個人的には1週間くらいは持って欲しい。

 

 

②ほとんどの機能が「iPhoneでいい」

Apple Watchの便利、そのほとんどがiPhoneで出来る機能である、という事。

 

勿論iPhoneが手元にない時には便利なのでしょうが、僕は生活の中でiPhoneが手元にない時間がほとんどないので、Apple Watchがあって便利と感じる利用シーンがありません。

 

iPhoneに届く通知をApple Watchでも受け取る事ができる

iPhoneが手元になくてもApple Watchでいつでも確認できるのは便利ですね。

しかしApple Watchで通知を受け取った後、結局iPhoneを開いて受けた通知の内容を確認し、必要な作業をiPhoneでこなします。

 

結局、iPhoneを触ってしまっている。

 

勿論メッセージ関係の通知であればApple Watchでそのまま返信することもできますが、お世辞にも使いやすいとは言えないので、「通知の受け取りとその後の返信作業等」をApple Watchで完結しようとは思いません。

 

そして届いた通知を必ずしもリアルタイムで確認しなければいけない生活環境でもない。

 

だから僕はApple Watchで通知が受け取れなくても全く構わない。

 

 

Apple Watchで電子マネー決済ができる

例えばショッピングをしている時に、「バック等の奥底にiPhoneが入っていて、取り出しにくい」という場面なら、Apple Watchで決済できるので便利ですね。

 

そんな場面ある??

iPhoneをわざわざ、取り出しにくいカバンの奥底に置いておく事ある?

 

 

持ち物の中でiPhoneが一番使用頻度が高いのに、わざわざ取り出しにくい所におくことはしませんよね。

むしろ手に持っている事の方が多いくらいです。

 

家にiPhoneを忘れた時にApple Watchで電子マネー決済できるのは便利ですが、そういう時の為にお気に入りの財布に紙幣や小銭を入れて予備として持ち歩いているので、僕の場合ショッピングでApple Watchの出番はまず無い。

 

 

あとバーコード決済サービスのPayPayも対応になりましたが、Apple Watchの小さい画面で細かいアプリ一覧から該当のアプリを探してタップするのは非常にやりずらかったです。

 

 

なので僕は、Apple Watchで電子決済ができなくても全く構わない。

 

 

ワークアウト系の各種機能

運動管理に関してもiPhoneやその他スマホでも可能です。

 

ただ、ランニングや動きの激しいスポーツ等はiPhoneを持って行うには非常に邪魔です。

そういった場面であれば、コンパクトなApple Watchであれば邪魔にならずに各種計測を行うことができるので便利ですね。

 

 

しかし僕は、計測が必要なくらい運動にガチで取り組んでいませんので、不要です。

 

 

Apple Watchで通話ができる

そもそもiPhoneが手元にない事がありません。

 

仕事中でiPhoneが手元にない状況で電話がかかってきたら…?

という利用シーンも考えましたが、基本的に仕事中は私用の通話はしません。

 

 

運転中に通話ができて便利、という意見もありましたが、そもそも運転中はハンズフリーであっても通話はしません。

危ないから。

 

 

だから、腕時計で通話ができなくてもいい。

 

 

 

③Apple Watchに愛着が湧かない

これはモノに対する僕の個人的な考え方なのですが、

自分が「欲しい」と思えるモノ選びの条件は

  • 好きになれる見た目
  • 長く使える
  • 長く愛せる

この3つです。

 

なので使えば使うほど味が出る革製品や、長寿命でスペックの高いモノを好みます。

 

 

では、Apple Watchはどうでしょうか?

  • 最新のOSにアップデート出来なくなれば買い替え
  • バッテリー劣化で買い替え
  • 本体劣化で動作が遅くなったら買い替え
  • 使わない機能が多い

 

買い替えのタイミングに関してはiPhoneやその他スマートフォンと同じような理由、タイミングになっていると思います。

 

 

iPhoneやスマートフォンであれば2、3年で買い替える必要が出てくることに納得できます。

なぜなら、今やこの時代の生活にはなくてはならないモノと納得ができるからです。

 

…それではApple Watchはどうか?

僕はNOです。

 

 

 

・それなら今回買った腕時計は納得できる時計なの?

僕が購入したのはカシオのG-SHOCK「GMW-B5000」です。

定番ですね。

 

僕は腕時計に関しては素人で、全く知識がありません。

 

そんな僕がこの腕時計を購入した理由は、前述した通り

  • 好きになれる見た目
  • 長く使える
  • 長く愛せる

の3つに加え、

欲しいスペックが揃っていたからです。

  • 言わずと知れた耐久、耐水性
  • 8年は持つと言われるタフソーラー

 

「GMW-B5000」の見た目や素材等は好みそれぞれなので言及しません。

 

 

・とはいえApple Watchを活用できる人はたくさんいるはず

ここまで散々「Apple Watchは不要」と散々書き込んできましたが、Apple Watchが便利なデバイスである事は間違いありません。

 

  • iPhoneを触らなくても良い状況が欲しい
  • 運動記録やカロリー消費量を測定したい
  • Apple Watchの充電が苦ではない

と言う人には活用できるはずなので、価格と得られる効果と相談して購入してみるといいかもしれません。

 

 

ちなみにYoutubeでは「Apple Watchを活用できている事例」と「不要論」どちらの動画も溢れているので、参考にしてみるのも良いと思います。

 

 

・それでもApple Watchを活用するシーンを模索しています

ここまでApple Watchに対して否定的な事ばかり書いてきましたが、これは単純に「僕がApple Watchを活用できていない、活用する必要がない」というだけのこと。

正直言えば、活用できない事が悔しいです!

 

僕は今後も、Apple Watchを活用できるような利用シーンを模索し、チャンスがあれば購入してみようとは思っています。

その時には「活用編」の記事が書けるといいなぁ…

 

おわり!

コメント

タイトルとURLをコピーしました