「m+(エムピウ)」のミッレフォッリエは全てがちょうど良いコンパクトな財布。

ガジェットなど
スポンサーリンク

世の中「キャッシュレス時代」になって、小さいお財布がとても人気ですね!

僕も例に漏れず、流行りに乗って「小さい財布欲しいな」ってなったんです。

 

そんで実際に目で見た「小さい財布」の率直な感想↓

「いくらなんでも小さすぎね!?」

 

いやね、わかるよ。

わかるわかる。

キャッシュレスだからさ?最小限のお金が入ればそれでいいってことでしょ?

 

しかしだな!

  

ここまで小さいと「めっちゃ不安」!いくらなんでもさぁ!小さすぎない!?

 

長財布を卒業したい。お財布はコンパクトにしたい。

でも「ある程度」の範囲でいい!

ついでに長く使えて、「人と被りにくい」財布がいい!

 

そんな僕のワガママを叶えてくれる素敵な財布。

 

あるんです!!

あったんです!!!

 

ということで、僕が愛用している「ある程度のコンパクトを叶えてくれる財布」

m +(エムピウ)のミッレフォッリエを紹介します。

 

・エムピウのミッレフォッリエはこんな人におすすめです

  • コンパクトな財布が欲しい
  • でも流行りのミニ財布では小さすぎる
  • コンパクトでもある程度小銭や紙幣が入る物がいい
  • 長く愛せる財布が欲しい

 

まさにこれは僕の事なんですが、共感してくれる人も多いはず。

何せ僕は田舎住みなので、キャッシュレス決済が町に浸透してるかっていったらまだそんな事はないので、ある程度小銭や紙幣は持ち歩かなくてはいけないのです。

 

都会に住みたいよぉ!

 

・m +(エムピウ)とは?

 

m +(エムピウ)とは?

エムピウは2001年に元建築家である村上雄一郎さんが立ち上げた革製品ブランド。
元建築家というキャリアからか多くの作品に独自性があり、
それはとても機能的で、使い手の事をよく考えられてる素晴らしい製品を生み出していると感じます。

  

エムピウでは様々な革製品を製作していますが、その中でも圧倒的に人気なのが革財布「ミッレフォッリエ」です。

 

10年以上も前から製作されているこのミッレフォッリエは長い年月を経てより使いやすく進化してきました。

なので、現在販売されているミッレフォッリエは「ミッレフォッリエ2」と表示されています。

 

元建築家の着眼点はやはり一味違うな、という感想を口にせざるを得ません。

よく考えられたコンパクトなお財布に仕上がってます。

 

 

・ミッレフォッリエの外観

いかがですか?初見ではお財布に見えないこのルックス。

かわかっこいい!

女性から見たら可愛く見えて、男性から見たらかっこよく見える、ちょうどいいルックス!

 

これを持ち歩いていた時、友人に「ずっと気になってたけど、それ名刺入れ?」って言われました。

確かに。

 

そんな印象を持たれるこのミッレフォッリエなら「人とは違う物を使いたい」という希望を叶えてくれます。 

 

もうね、好きすぎて2つ持ってる。

奥様のと合わせたら、ゲコブログ家には3つのミッレフォッリエがあります。

 

 

・ミッレフォッリエの大きさ

iPhone12 proと並べてみました。

横幅はiPhoneとほぼ同サイズですね!

 

お尻のポケットに入れてもはみ出ないのでファッションを台無しにすることもなさそうです。

 

 

・ミッレフォッリエの構造

ミッレフォッリエは、そのコンパクトさに反してとても機能的です。

元建築家のデザイナーらしい機能美が詰まっています。

 

 

①紙幣は差し込みます

紙幣は「差し込んで」収納します。

10枚ほどは入りますね! 

紙幣はフラップポケットで抑えます。

 

で、

小銭はどこに入るの?

カードは1枚しか入らないの?

気になりますよね!わかります!

 

 

②メインのカードポケット

 

メインのカードポケットは3部屋に分かれていて、それぞれ5枚づつ、計15枚程のカードを収納できます。

 

僕は①キャッシュカード類 ②身分証明書類 ③その他ポイントカード類で分けて収納してます。

 

 

③小銭ポケット

 

 

カードポケットをパカっと開くと、ボックスタイプのコインポケットが出てきます。

どれくらい入るかっていうと、これくらい入る(わかりづらいけど)

見た目よりも入りませんが、必要十分な量なので僕は困ったことがありません。

 

ボックスタイプなので、流行りのミニ財布と比べて小銭が非常に取り出し安いです。

コンパクトな財布にありがちな、「小銭が取り出しにくい問題」はボックスタイプにすることで解決しています。

素晴らしい!

 

 

 

・革のエイジング(経年変化)も楽しめる

革製品が好きな方が好む、革の経年変化も楽しめるのが良い!

 

新品の綺麗な革から、段々と艶が出たり色合いが変わっていく。革製品はこの経年変化まで楽しむことで、「愛着」が湧いてきます。

 

エムピウのミッレフォッリエで使用されている革は「タンニンなめし」であり、「染料で染められた革」です。

①タンニンなめしとは

動物の皮膚を「革」にする工程のことを、「なめし」といいます。

タンニンなめしとは、その名の通り「タンニン成分」を革に浸透させて、動物の皮を長く使える「革」に変化させる製法です。

 

このタンニン成分が日光や空気に触れると、色合いが深く変化していきます。

 

 

 

②染料仕上げである

この「染料で仕上げてある」というのも経年変化に大きく貢献しており、使い込むことで色合いが深くなったり、風合いが変わったりします。

 

逆に言えば、新品の状態を長く楽しみたい方は「顔料仕上げ」の革財布が向いていると言えます(エムピウ製品は選ばないほうがいい)。

 

 

 

・ギボシ(留め具)

特徴的なギボシで止める構造。 

「これ、緩んだりしないの?」って思われる方も多いと思いますが、まったくそんな事はなく、革が馴染んで柔らかくなっても勝手に外れることはありません。

 

 

 

・購入後4ヶ月の経年変化

 

こちらは新品のミッレフォッリエ(グリーン)。

 

こちらが購入後4ヶ月のミッレフォッリエ。

ちょっと小傷が目立ちますが、色合いは深みが出ており、艶もあります。

 

内側はほぼ新品当時の色合いのままですね!

 

経年変化は、元の色によって変化の仕方が違います。

例えば「イエロー」の色合いの物は経年変化で「ブラウン」に変化します。

 

使い込んでエイジングが進んだ革の財布は非常に愛着が湧きますね!

 

ゲコブログ
ゲコブログ

ゲコブログは革の経年変化が大好きです。

  

 

出典:m +公式ホームページ
出典:m +公式ホームページ
出典:m +公式ホームページ

それぞれの経年変化。ふつくしい!

 

 

 

・豊富なカラーバリエーション

ミッレフォッリエは、カラーバリエーションが豊富で少し迷ってしまうほどです。

そしてカラーによって使用されている革の種類が違うこと。

 

出典:m +公式ホームページ

経年変化を楽しみたい場合は明るい色。

色の変化を抑えたいときは暗い色を選ぶといいと思います。

 

 

 

 

・最後に

いかがでしたか!

小さ過ぎず、かつ紙幣も小銭もそこそこ入るエムピウのミッレフォッリエ。

 

もう好きすぎて、紹介したくてしょうがなかったアイテムです。

 

自分で使うのもそうですが、男女問わずプレゼントとして選べるデザインですよね。

ちなみにうちの奥様も「ネイビー」のミッレフォッリエを使用しています。

 

おそろー!

 

m +は他にもペンケースやベルト、ブックカバー。そしてお財布もミッレフォッリエだけでなく様々製作していますので、気になった方はぜひ公式HPもご覧ください。

 

てなわけで、僕の愛用しているお財布紹介でした。

 

おわり!

コメント

タイトルとURLをコピーしました